本文の開始

株式会社アクセスブライト - 映画配給事業(輸出 / 輸入)

上海に中国法人を持ち中国エンターテイメント市場を熟知する企業。舞台やライブ運営、日本映画の中国配給、中国映画の日本配給、グッズの開発や販売、ゲーム開発や配信など実績も豊富。

トップページ > 事業内容 > 映画配給事業(輸出 / 輸入)

映画配給事業(輸出 / 輸入)

映画配給事業(輸出 / 輸入)

日本の映画を中国で配給(輸出)したり、中国の映画を日本に配給する(輸入)のお手伝いをしております。また、日中合作の映画に携わることもあります。

映画の主な実績

FAIRY TAIL - DRAGON CRY - (2019年)

全世界発行部数6000万部を超える大人気漫画原作の映画化。製作委員会出資および中国本土配給が決定。

FAIRY TAIL-DRAGON CRY-

ニンジャバットマン(2018年)

DCコミックス原作の大人気ヒーロー「バットマン」の人気キャラクターたちが戦国時代へタイムスリップし、バトルを繰り広げるという斬新なアイデアが注目された話題作。

配給元のWarner Bros. Japanと中国における映画配給権・ネット配信権の契約を締結。

ニンジャバットマン

西遊記 ヒーロー・イズ・バック(2017年)

2015年7月に中国で公開され、アニメ映画としては異例の興収入192億円という記録で中国アニメ映画歴代No.1 ヒット作品。その日本市場における興行権をはじめテレビ放映権、ビデオグラム化権、ビデオオンデマンド化権などの権利を獲得。(日本での上映は2018年1月)

2019年には日本国内でもPS4ゲームが発売される予定。

日本版製作はスタジオジブリが担当。

西遊記 ヒーロー・イズ・バック

君の名は。(2016年)

2016年12月2日公開、「君の名は。」(中国名:你的名字)中国配給権獲得。

興行成績歴代No.1となる5.8億元を達成!

日本国内メディア掲載

君の名は。

お問い合わせはこちら


ページの終了